PR

ニュース 社会

水害を疑似体験 VR映像を公開 茨城・常総市

Messenger
水害のVR映像を見る関係者=10日午後、茨城県常総市
水害のVR映像を見る関係者=10日午後、茨城県常総市

 茨城県常総市は、平成27年9月の東日本豪雨で鬼怒川堤防が決壊し、復旧するまでを描いたバーチャルリアリティー(仮想現実、VR)の映像を12日から公開する。国土交通省下館河川事務所(同県筑西市)が制作し、常総市に提供した。水害の切迫感を疑似体験してもらい、防災意識の向上につなげる狙いがある。

 実写とコンピューターグラフィックス(CG)を織り交ぜた約3分20秒の映像で、同市新石下の市地域交流センター「豊田城」で公開される。堤防が決壊した同市上三坂地区が映し出され、鬼怒川の水があふれていく当時の状況や、堤防を復旧していく様子を紹介している。専用のゴーグルをかぶり、頭を動かして360度見渡せるようになっている。

 実写の部分は小型無人機「ドローン」で上空から撮影した映像を使い、CGは記録写真などをもとにつくった。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ