PR

ニュース 社会

1カ月長男を強く揺さぶり虐待死させた疑い 父親逮捕 神奈川県警

Messenger

 生後1カ月だった長男の頭を強く揺さぶるなどの虐待を加え、約半年後に死亡させたとして、神奈川県警捜査1課は10日、傷害致死容疑で、同県厚木市の配送業の父親(26)を逮捕した。「強く揺さぶって死亡させたことは間違いないが、殺意を持ってやったわけではない」と供述している。

 逮捕容疑は平成28年12月中旬、厚木市の自宅アパートで長男の頭を強く揺さぶるなどして脳機能障害などの傷害を負わせ、29年6月13日、横浜市旭区内の病院で生後7カ月で死亡させたとしている。

 捜査関係者によると、医師から連絡を受けた児童相談所などを通じて事件が発覚。父親は捜査1課による任意聴取には容疑を否認。一方、長男には頭を強く揺さぶられた際に見られる「乳幼児揺さぶられ症候群(SBS)」や脳萎縮(のういしゅく)のような、傷害を負った形跡が確認されていた。

 同課は専門家らに意見を求め、故意に揺さぶられた可能性が高いとの見解を得たことなどから、父親が故意に揺さぶり行為を行ったと判断。9、10日と事情聴取し、逮捕に踏み切った。

 一家は父親と母親(20)、長男の3人暮らしだった。同課は事件当時18歳の母親からも事情を聴いており、父親や長男の名前などを明らかにしていない。

 

 

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ