PR

ニュース 社会

CA体調悪化で緊急宣言、着陸後に死亡 全日空

Messenger

 10日午前2時20分ごろ、米ロサンゼルス発羽田行き全日空105便ボーイング777が新千歳空港の東南東約980キロを飛行中、50代の女性客室乗務員(CA)が、頭痛による体調不良を訴えた。

 乗務員は機内で休んだが容体が悪化。同機は他の航空機より優先して着陸しようと、緊急事態を宣言し、午前4時40分ごろ、羽田空港に着陸した。全日空によると、乗務員は意識がない状態になっており、病院に救急搬送されたが、死亡が確認された。

 全日空は死因などを明らかにしていない。乗務前の健康チェックで問題はなかったという。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ