PR

ニュース 社会

ゴーン容疑者側の準抗告を棄却 東京地裁

Messenger
カルロス・ゴーン容疑者が勾留されている東京拘置所=東京都葛飾区(納冨康撮影)
カルロス・ゴーン容疑者が勾留されている東京拘置所=東京都葛飾区(納冨康撮影)

 日産自動車の前会長、カルロス・ゴーン容疑者(64)が私的な投資の損失を日産に付け替えたなどとされる特別背任事件で、東京地裁は10日、ゴーン容疑者の勾留取り消し請求を却下した地裁決定に対する弁護人の準抗告を棄却した。

 ゴーン容疑者は、8日に地裁で行われた勾留理由開示手続きに出廷し「日産に一切損害を与えていない」と主張。弁護人は同日、勾留取り消しを地裁に請求し、9日に却下されたため準抗告していた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ