PR

ニュース 社会

船長アルコール問題を調査 国交省、運航会社を立ち入り検査

Messenger
商船三井客船の立ち入り検査に向かう国交省職員ら=10日午後、東京都港区
商船三井客船の立ち入り検査に向かう国交省職員ら=10日午後、東京都港区

 商船三井客船(東京)が運航するクルーズ船「にっぽん丸」が先月末に米領グアムの港で埠頭に衝突し、操船した日本人男性船長からアルコールが検出された問題で、国土交通省は10日、船員法と海上運送法に基づき同社を立ち入り検査した。会社資料や聞き取りなどで事実関係を調べる。

 船員法は呼気1リットル当たり0・15ミリグラム以上のアルコールを帯びた状態での勤務を禁じており、日本籍の船が外国にいる場合も適用される。同社や国交省によると、アルコールは米沿岸警備隊の検査で確認された。違法性が明らかになると船長は行政処分の対象になり、同社も安全管理などで問題が見つかれば処分の可能性がある。運輸安全委員会も飲酒の疑いがあり重大とみて、船舶事故として調査する。

 にっぽん丸は日本の代表的な豪華客船。昨年12月30日夜のグアム出港時に埠頭と衝突し、船尾を損傷した。乗客と乗員にけがはなかった。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ