PR

ニュース 社会

手配中の男に賠償金支払い命令 一家3人殺害 精神的苦痛で1億円

Messenger

 群馬県高崎市(旧群馬町)の住宅で平成10年1月、一家3人が殺害された事件で指名手配中の元トラック運転手、小暮洋史容疑者(49)に対し、遺族が精神的苦痛などに基づく約1億370万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が10日、前橋地裁高崎支部であった。岩坪朗彦裁判長は、「賠償請求権は消滅していない」として請求通り賠償を命じた。

 民法では、損害賠償の請求権は不法行為から20年が経過すると、時効により消滅するとしている。

 遺族側は、事件発生から20年が経過する前に小暮容疑者の住民票上の最後の住所に賠償請求の書面を送付したため、時効による損害賠償請求権の消滅はしていないと主張。書面はあて先不明で返送されたが、小暮容疑者が逃走を続けていることが原因としていた。

 判決は「期間内に権利行使の意志を明確にすれば足り、裁判上の権利行使を行うまでの必要はない」として、時効までに「賠償請求権を保存した」と認めた。

 小暮容疑者は10年1月14日夜、仕事で知り合った女性にストーカー行為を繰り返し、女性宅で両親と祖母の3人を殺害したとして、県警に殺人の疑いで指名手配されている。

 事件は、逮捕に結び付く情報に最大300万円が支払われる公的懸賞金(捜査特別報奨金)の対象になっている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ