PR

ニュース 社会

看護休暇を不正取得、勤務中に私的ツイートも 千葉市職員を懲戒処分

Messenger

 子供の世話をするための看護休暇を不正取得したり勤務中に私的なツイッター投稿を繰り返したりしたとして、千葉市は9日、市民局の男性主任主事(37)を停職3カ月の懲戒処分にした。投稿内容から、看護休暇中に友人らと遊んでいたことが発覚した。

 同市によると、昨年6~11月、計6日と2時間分の看護休暇を9回にわたって不正に取得。同5~11月、勤務時間中に292回、ツイッターに私的な投稿をしていた。

 昨年11月、職場で頻繁に離席することを不審に思った上司らが投稿時間や内容を確認した。内部調査に休暇の不正取得について「友人と遊びに行ったり、自宅で休んだりしていた。年次有給休暇の残りが少なくなることが不安だった」と話しているという。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ