PR

ニュース 社会

偽1万円札使用の男を逮捕 密造グループが関与か

Messenger

 東京都内のコンビニエンスストアで偽造した1万円札を使ったとして、警視庁捜査2課は、偽造通貨行使の疑いで、住居、職業不詳の吉原慶太容疑者(22)を逮捕した。調べに対し、黙秘している。

 逮捕容疑は昨年8月、東京都江東区のコンビニで30代の女性店員に、たばこ1箱分の代金として偽の1万円札を渡したとしている。捜査2課によると、吉原容疑者は釣りとして9千円以上を受け取っていた。

 偽札はプリンターで印刷されていたとみられ、同じ記番号の偽1万円札が、都内や神奈川、千葉、埼玉県内のコンビニなどで計50枚以上使われていたという。

 同課は、吉原容疑者を含むグループが組織的に偽造していた疑いがあるとみて調べる。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ