PR

ニュース 社会

ゴーン容疑者勾留 裁判官「罪証隠滅の恐れがある」

Messenger
東京地裁に入る大鶴基成弁護士=8日午前、東京都千代田区(萩原悠久人撮影)
東京地裁に入る大鶴基成弁護士=8日午前、東京都千代田区(萩原悠久人撮影)

 日産自動車前会長、カルロス・ゴーン容疑者(64)の勾留理由開示手続きで、ゴーン容疑者の弁護人を務める大鶴基成弁護士は、日産子会社から知人側に約16億円を支出させた容疑について「紛争の解決などに対する正当な対価だ」と述べた。

 ゴーン容疑者も意見陳述で、容疑を否認した。

 一方、東京地裁の多田裕一裁判官は、ゴーン容疑者の勾留が必要な理由について「罪証隠滅の恐れがあり、国外に生活拠点があって逃亡の恐れがある」と述べた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ