PR

ニュース 社会

愛媛の被災地で黙祷 西日本豪雨半年、31人犠牲に

Messenger
愛媛県西予市役所で始業前に西日本豪雨の犠牲者を悼み黙とうする職員ら=7日午前
愛媛県西予市役所で始業前に西日本豪雨の犠牲者を悼み黙とうする職員ら=7日午前

 西日本豪雨で関連死を含めて31人が亡くなった愛媛県では7日、甚大な被害が出てから半年となった。昨年7月7日に野村ダム(西予(せいよ)市)、鹿野川(かのがわ)ダム(大洲(おおず)市)の緊急放流後、肱川(ひじかわ)が氾濫するなどして5人が死亡、その後1人が関連死に認定された西予市の職員は始業前、犠牲者を悼み黙祷(もくとう)した。午前8時半ごろ、庁内放送を合図に管家(かんけ)一夫市長や約330人の職員らがその場にたたずみ、1分間目を閉じた。

 自宅が全壊し、西予市野村町地区の仮設住宅で暮らす80代の女性は「もう半年たったのか。豪雨で大切にしていた着物や冬服をほとんど流された。今着ているセーターぐらいしかないので、買いにいかないといけない」と語った。

 同様に大規模な浸水被害を受けた大洲市、土砂崩れで特産品のミカンが打撃を受けた宇和島市でも職員が黙祷した。大洲市では4人が死亡し、宇和島市では関連死も含めて13人が亡くなった。

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ