PR

ニュース 社会

熊本・和水で小中校被害 震度6弱、避難一時50人 新幹線は運転再開

Messenger
地震の影響で鳥居の一部が崩れ落ちた長小田住吉神社 繋ぎ目の漆喰が崩落したと思われる=4日午前、熊本県和水町(寺口純平撮影)
地震の影響で鳥居の一部が崩れ落ちた長小田住吉神社 繋ぎ目の漆喰が崩落したと思われる=4日午前、熊本県和水町(寺口純平撮影)

 熊本県和水町で震度6弱を観測した地震から一夜明けた4日、県の災害対策本部は、同町の小中学校3校でガラスが破損するなどの被害が出たと明らかにした。民家の損壊は確認されず、同県益城町の80代女性が転倒し軽傷を負った以外、人的被害もないとした。

 地震直後、熊本、福岡両県で公民館などに身を寄せた住民が一時約50人に上ったことが各自治体への取材で判明。和水町が36人と最も多く、熊本市や玉東町、福岡県大牟田市でも避難する住民がいた。4日午前までに自宅などに戻る人が相次いだ。

 九州新幹線は3日の地震後、博多-熊本の上下線の運転を終日見合わせていたが、4日は始発から通常通り再開した。

 地震は3日午後6時10分ごろ発生。九州で最大震度6弱以上を観測したのは平成28年4月の熊本地震以来で、熊本市北区や同県玉東町でも震度5弱を観測した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ