PR

ニュース 社会

「熊本地震と直接の関係ない」 気象庁会見

Messenger
熊本県で震度6弱の揺れを観測し、会見する気象庁地震火山部の松森敏幸・地震津波監視課長=3日午後、東京都千代田区の気象庁(佐藤徳昭撮影)
熊本県で震度6弱の揺れを観測し、会見する気象庁地震火山部の松森敏幸・地震津波監視課長=3日午後、東京都千代田区の気象庁(佐藤徳昭撮影)

 熊本県和水(なごみ)町で3日午後6時10分ごろ、最大震度6弱の地震が発生したことを受けて、気象庁は同日夜、記者会見し、「(平成28年4月の)熊本地震と活動領域が離れており、直接の関係はないとみている」との見解を明らかにした。揺れの強かった地域では約1週間、最大震度6弱程度の地震が起きる可能性があり、注意を呼びかけている。

 28年4月の熊本地震では、熊本県益城(ましき)町で最大震度7を2回観測。その後余震が続いたが、最近は収まってきていた。気象庁によると、今回の地震は一連の余震の活動領域とは約20キロ離れており、一連の熊本地震とは別の地震とみられるという。

 ただ、会見した気象庁地震津波監視課の松森敏幸課長は、「熊本地震に誘発されたのか、あるいは偶然この時期に起きたかは分からない」と説明。揺れの強かった地域では、家屋の倒壊や土砂災害の危険が高まっていることから、「やむを得ない事情がない限り危険な場所に立ち入らないなど身の安全を図ってほしい」と訴えた。

 気象庁によると、今回の地震の震源は熊本県熊本地方で、震源の深さは約10キロ。地震の強さを示すマグニチュード(M)は5.1で、付近には既に把握されている活断層はなかった。熊本市北区、同県玉東(ぎょくとう)町で震度5弱を観測したほか、九州、四国、中国地方の広い範囲で、体に感じる揺れを観測した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ