PR

ニュース 社会

警視庁原宿署で男性警部補が死亡 拳銃自殺か

Messenger

 警視庁原宿署は3日、署の地下1階倉庫で2日夜に交通課の男性警部補(36)が頭部から血を流して倒れているのが見つかり、搬送先の病院で死亡が確認されたと発表した。警部補の右手付近に拳銃があり、銃弾が1発発射されていたという。同署は自殺とみて詳しい状況を調べている。

 同署によると、警部補は昨年12月31日から1日にかけ、明治神宮周辺で交通規制に当たっていたといい、2日は午前8時半ごろに出勤。午後9時ごろに休憩に入った後、姿が見えなくなったという。署内を探していた同僚らが午後10時すぎ、倉庫内でうつぶせの状態で倒れているのを発見した。拳銃は警部補に割り当てられたもので、発見時、倉庫は内側から施錠されていたという。

 酒林利男署長は「誠に遺憾。今後、事実関係を明らかにし、再発防止に努める」とコメントした。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ