PR

ニュース 社会

東京・原宿の竹下通りで車が逆走、1人意識不明、7人負傷 「テロ起こした」運転手の男を逮捕へ

竹下通りで軽乗用車が逆走した現場付近を調べる警察官ら=1日午前、東京都渋谷区(宮崎瑞穂撮影)
竹下通りで軽乗用車が逆走した現場付近を調べる警察官ら=1日午前、東京都渋谷区(宮崎瑞穂撮影)

 1日午前0時10分ごろ、東京都渋谷区神宮前の竹下通りで、逆走した軽乗用車が歩行者8人を次々にはねた。東京消防庁によると、8人は10~50代の男性で、うち10代の1人が意識不明の重体。残りの7人は意識はあるが、それぞれのけがの程度は不明という。

 警視庁原宿署は、車を運転していたとみられる自称20代の男の身柄を確保。殺人未遂容疑で事情を聴いたところ、「テロを起こした」などとする趣旨の供述をしているといい、容疑が固まり次第逮捕する方針。

 同署によると、車は明治通り側からJR原宿駅側に向かって約130メートル逆走。運転していた男はその後、車を乗り捨てて逃走していたが、付近を警戒中の警察官が近くで男を発見、原宿署に任意同行した。車は大阪ナンバーのレンタカーだという。

 現場は原宿駅近くの、若者らに人気の衣料品店などが立ち並ぶ一方通行の道路。当時は人通りはまばらだった。

 竹下通り沿いのラーメン店に車で食材を納入しに訪れていた男性(65)は、「ここは2トントラックがぎりぎり通れるくらいの道幅なので、来るときはいつも歩行者に気をつけている。まさかこんなことが起きるなんて」と驚いた様子で話した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ