PR

ニュース 社会

東北新幹線がブレーキ故障 運休370本超

Messenger
東北新幹線の車両故障によって各線に遅れが生じ、新幹線の改札前は多くの人で混雑した=30日午後、JR東京駅(桐山弘太撮影)
東北新幹線の車両故障によって各線に遅れが生じ、新幹線の改札前は多くの人で混雑した=30日午後、JR東京駅(桐山弘太撮影)

 30日午前9時50分ごろ、東京駅を出発予定だった東北・山形新幹線「やまびこ・つばさ177号」で、非常ブレーキが解除できなくなる故障が起きた。JR東日本によると、計376本に運休や遅れが生じ、約22万8700人に影響が出た。詳しい原因を調べている。

 故障した車両が、1時間半以上にわたって東京駅の23番線から移動できなかったため、列車の出発や到着に通常より時間がかかった。東北、上越、北陸、山形、秋田の各新幹線が最大で1時間半以上遅れた。

 東京駅は、混雑の影響で一部の新幹線ホームが入場規制された。ホーム下の通路では、床に座り込んで列車を待つ人や、駅員に運行情報を問い合わせる人の姿が目立った。

 JR東によると、車両故障は、乗客が177号に乗り込み、運転士が出発前の動作確認をしている最中に起きた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ