PR

ニュース 社会

青森市が除雪相談をアプリで受け付け 全国初

Messenger

 全国の県庁所在地で唯一、市全域が特別豪雪地帯に指定されている青森市が、スマートフォンのアプリで住民からの除雪の相談を受け付けている。写真や位置情報と一緒に雪の状況を投稿することで、効率的な対応につなげる狙い。全国で初めての試みで、来年3月末までの試験運用。

 市によると、アプリは「ゆきレポあおもり」。スマホやタブレットで使え、24時間相談を受け付ける。雪が積もっている場所の写真を投稿すると、位置情報も同時に表示され、内容が利用者全体に公開される。これまでの電話受付では相談が重複したり、住所や状況の細かい説明が必要だったりと、市の対応に時間がかかっていた。

 アプリは道路のひび割れなどの情報を集めるために神戸市や埼玉県所沢市で導入されているもので、雪での使用は初めて。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ