PR

ニュース 社会

東京駅で殺害予告 容疑で23歳女を逮捕「注目浴びたかった」

Messenger

 ツイッターに東京駅での殺害予告を投稿し、駅員らの業務を妨害したとして、警視庁丸の内署は偽計業務妨害容疑で、長野市下駒沢の職業不詳、小林愛望(あいみ)容疑者(23)を逮捕した。「過激な内容を書き込めば、日本中の人に見てもらえると思った」などと容疑を認めている。

 逮捕容疑は12日夜、自分のスマートフォンから「東京駅で10人殺したら俺も死にます」「楽しみだなあ。気をつけてね東京都民の皆さん」などとツイッターに書き込み、JR東京駅の駅員らに構内の警戒に当たらせるなど業務を妨害したとしている。

 書き込みを見た人から110番通報が相次いだことなどから、丸の内署員や機動隊員ら延べ約70人が3日間、駅周辺で警戒に当たっていた。

 小林容疑者は「ツイッターのフォロワー数が少なく、もっと注目を浴びたくて投稿したが、想像以上の騒ぎになって驚いた」などと供述。同署は小林容疑者が他にも同様の投稿をしていたとみて調べている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ