PR

ニュース 社会

起訴勾留中の被告が死亡 千葉刑務所

Messenger

 千葉刑務所は26日、起訴勾留中の50代の男性被告が死亡したと発表した。司法解剖で死因を調べる方針。

 男性は26日午前6時40分の点呼の際、職員が声を掛けたが反応がなく、刑務所の医師が死亡を確認した。

 男性には循環器系の疾患があり、診療所の共同室に収容して投薬治療をしていたという。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ