PR

ニュース 社会

松28本に140カ所の穴 山梨の美術館、被害届提出

Messenger
穴が開けられた松の木=26日午後、山梨県富士河口湖町
穴が開けられた松の木=26日午後、山梨県富士河口湖町

 山梨県富士河口湖町の「河口湖美術館」で、敷地内の松の木28本に人為的に開けられたような計約140カ所の穴が見つかり、同町は26日、器物損壊容疑での被害届を県警に提出した。一部が枯れ始めている木もあり、穴に薬剤が入れられた可能性もあるとみて町などが調査している。

 美術館の敷地を含む河口湖周辺は富士箱根伊豆国立公園の特別地域に指定され、景観に配慮して人工建造物の周囲に植栽をするよう環境省が指導している。町は枯れた松に替わる木を植えるなどの対応に追われている。

 町によると、今月16日に近隣住民から「葉が茶色く変色している。害虫ではないか」と美術館に連絡があった。職員や町の担当者が確認した結果、28本の計約140カ所にドリルで開けたような直径約1センチの穴が見つかった。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ