PR

ニュース 社会

入居者に暴行で行政処分 仙台の介護施設、被害6人

Messenger

 仙台市宮城野区の介護施設で職員が入居者を殴り骨折などを負わせたとして、市は26日、介護施設「グループホーム東仙台」を来年1月1日から3カ月間、新規利用者の受け入れ停止の行政処分にした。市の調査で入居者6人に暴行していたことが判明した。

 市などによると、同施設職員の大野雅英被告(28)=傷害罪で公判中=は今年8~9月、入居者の80~90代の男女6人に対し、殴るなどの暴行を加えた。うち3人は肋骨が折れていた。

 施設が虐待防止に関する効果的な研修を行っていなかったことなども処分の理由に加えた。

 大野被告は9月26日、入居者の女性を殴ったとして傷害容疑で逮捕、起訴された。その後も別の入居者2人への傷害罪でそれぞれ追起訴された。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ