PR

ニュース 社会

部下に「ばか」巡査長処分 パワハラ繰り返す、青森

Messenger

 青森県警の警察署に勤務する30代の男性巡査長が部下に「ばか」などと暴言を繰り返すパワーハラスメントをしたとして、本部長注意の処分を受けていたことが26日、県警への取材で分かった。上司の50代警部は所属長注意の処分とした。いずれも5日付。

 県警によると、巡査長は8月~11月中旬ごろ、部下の20代男性職員に暴言を繰り返した。県警本部に匿名の申告があり発覚した。上司の警部はパワハラ行為を知りながら重い事態と考えず、対策を取らなかった。

 県警監察課は「指導を徹底し、再発防止に取り組む」とコメントした。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ