PR

ニュース 社会

通勤手当を不正受給 岡山県職員に減給処分

Messenger

 岡山県は26日、7年以上にわたり通勤手当計約41万円を不正受給したとして、保健福祉部の男性副参事(53)を減給10分の1(3カ月)の懲戒処分にした。全額を返還したという。

 県人事課によると、副参事は平成23年4月~30年11月、自転車で通勤していたのに、バス利用を装って通勤届を提出し、差額を不正に受け取った。聞き取り調査の結果、発覚した。

 人事課は「来年度から定期的な確認をするなど、再発防止に努める」としている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ