PR

ニュース 社会

都主事を懲戒処分 女性部下2人の身体触る

Messenger

 東京都は25日、部下の女性職員たちの身体を触るセクハラをしたとして、下水道局の男性主事(55)を停職7日の懲戒処分とした。主事は「大変申し訳ないことをした。迷惑をかけた」と話しているという。

 都によると、主事は昨年10月と今年2月、職場の懇親会で飲酒した際、計2人の女性職員の身体を触った。相談を受けた同局で調査を開始。他の職員への聞き取りなどを行い、主事も身体を触ったことを認めた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ