PR

ニュース 社会

寝ている乗客から財布盗む 容疑の71歳男逮捕 JR山手線

Messenger

 電車内で寝ていた乗客から財布を盗んだとして、警視庁捜査3課は窃盗容疑で、住所不定、無職の広瀬公敏容疑者(71)を現行犯逮捕した。「ギャンブルに使う金が欲しかった」と容疑を認めている。

 逮捕容疑は23日午前6時45分ごろ、JR山手線の上野-鶯谷間を走行中の車内で、座席で寝ていた埼玉県ふじみ野市の会社員の男性(27)のズボンのポケットから現金約10万4千円の入った財布を盗んだとしている。

 この日は競馬の第63回有馬記念の開催日で、広瀬容疑者は持っていた競馬新聞で盗んだ財布を隠していたという。警戒中の捜査員が発見し、取り押さえた。

 捜査3課によると、今年に入り、山手線内では深夜や早朝にすり被害が103件(被害総額約290万円)発生しており、うち76件(同220万円)は電車内で寝ている乗客をねらった犯行だった。年末は酒を飲むなどして電車内で寝る乗客が増えるため、同課は警戒を強めている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ