PR

ニュース 社会

インドネシア、津波で222人死亡

Messenger
津波で破壊された家屋を調べる住民=23日、インドネシア・バンテン州(AP=共同)
津波で破壊された家屋を調べる住民=23日、インドネシア・バンテン州(AP=共同)

 【シンガポール=吉村英輝】インドネシアのジャワ島とスマトラ島の間にあるスンダ海峡で22日午後9時半ごろ、津波が発生し、国家災害対策庁は23日、222人の死亡を確認した。行方不明者は28人、負傷者が843人おり、被害は拡大する可能性がある。地震の発生はなく、気象当局は、火山噴火による海底の土砂崩れが津波の原因だとしている。

 国家災害対策庁によると、被害を受けたのはジャワ島西端バンテン州とスマトラ島南端ランプン州の沿岸部。ビーチがある観光地で、多数のホテルや住宅が被災した。地元メディアは、ジャワ島西端のアンニャール海岸では、津波の高さは9メートルほどで、海岸から約1キロまで被害が及んだとの住民の話を伝えた。

 インドネシアは22日から連休中で、被災地は首都ジャカルタからも近く、多くの観光客も津波に巻き込まれた可能性がある。在インドネシア日本大使館によると、日本人が死傷したとの情報は入っていない。また、国家災害対策庁は、確認した死亡者の中に外国人はいないとしている。

 火山はスンダ海峡に浮かぶクラカタウ山で、気象当局によると、22日午後9時過ぎに噴火が確認された。ロイター通信によると、噴火による灰は高さ500メートルに及んだ。満月の時期で、満潮と干潮の差が大きい「大潮」に当たっていたという。

 地元テレビは、暗闇の中で水が建物の下に流れ込んでいる、津波の様子とみられる映像を伝えた。また、一夜明けた沿岸部では、建物の崩壊によってできたとみられるがれきが散乱し、そこに乗用車が乗り上げている状況が確認できた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ