PR

ニュース 社会

60代女性、架空請求詐欺で1億円被害 山形

Messenger

 山形県警は22日、山形市内に住む60代女性が、訴訟を解決するなどの名目で現金約1億円をだまし取られる被害に遭ったと発表した。詐欺容疑で捜査している。

 県警によると、女性は11月中旬、「訴訟最終告知のお知らせ」と書かれたはがきを受け取り、記載されていた電話の問い合わせ窓口に連絡。弁護士を名乗る男の連絡先を紹介された。

 男は「訴訟の中身を見るにはまず裁判所に10万円を送る必要がある」「最終期日までに弁済共済金500万円を支払えば金は戻ってくる」などと、繰り返し送金を指示。女性は12月18日までの間、定期預金や生命保険を解約するなどして、現金自動預払機(ATM)や指定された関東地方などのマンション宛ての宅配便で、計13回にわたり送金したという。

 男は女性に対し、「第三者口外禁止制度がある。家族などにも相談するな」などと口止めしていたという。県外の警察から今月20日、県警に連絡があり発覚した。

 県内では昨年、同様の特殊詐欺が64件発生し、被害総額は1億2945万円。今回の事件は一度の被害額としては過去最高という。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ