PR

ニュース 社会

時速100キロ超で突っ込み男性死亡 元特捜部長を書類送検

石川達紘弁護士が運転する乗用車が突っ込んだ金物店=2月、東京都港区(佐藤伸弘さん提供、ナンバープレートにモザイク加工しています)
石川達紘弁護士が運転する乗用車が突っ込んだ金物店=2月、東京都港区(佐藤伸弘さん提供、ナンバープレートにモザイク加工しています)

 東京都港区で2月、乗用車で歩道に突っ込み、男性をはねて死亡させたなどとして、警視庁交通捜査課は21日、自動車運転処罰法違反(過失致死)と道交法違反(過失建造物損壊)の疑いで、運転していた元東京地検特捜部長、石川達紘(たつひろ)弁護士(79)=神奈川県鎌倉市=を書類送検した。同課によると、石川弁護士は「アクセルを踏み込んだ意識はない」などと容疑を否認している。

 送検容疑は2月18日午前7時20分ごろ、港区白金の都道で、歩道にいた足立区の自営業、堀内貴之さん=当時(37)=を乗用車ではねて死亡させたほか、店舗兼住宅のシャッターなどを壊したとしている。同課は衝突当時、時速100キロ以上が出ていたと認定した。

 同課によると、石川弁護士は現場から約300メートル離れた路上で、知人との待ち合わせのために車を停車。運転席から降りようとしてドアを開けた際にバッグを地上に落とし、拾おうと身を乗り出した際に誤ってアクセルを踏み込んだとみられるという。

 石川弁護士は当初、「車が勝手に暴走したのではないか」と主張したが、メーカーが車体検査をした結果、異常は確認されなかった。ブレーキ機器には、サイドブレーキがかかった状態で強くアクセルを踏み続けた際にみられる摩耗や変色があった。

 石川弁護士は東京地検特捜部でロッキード事件などの捜査に携わり、平成元年に特捜部長に就任。福岡、名古屋の両高検検事長を経て13年に退官、弁護士として活動していた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ