PR

ニュース 社会

消防署職員が酒気帯びで停職5カ月 茨城

Messenger

 常総地方広域市町村圏事務組合消防本部(茨城県常総市水海道山田町)は20日、道交法違反(酒気帯び運転)の容疑で摘発された守谷消防署南守谷出張所の男性消防司令補(42)を18日付で停職5カ月の懲戒処分にしたと発表した。

 同本部によると、消防司令補は9月30日午前0時35分ごろ、同県つくばみらい市内で警察官に職務質問され、呼気検査で基準値を超えるアルコールが検出された。

 約2時間半前に同県守谷市内の飲食店で飲酒し、帰宅のため車を運転したという。消防司令補は今月11日に土浦簡裁から罰金30万円の略式命令を受けた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ