PR

ニュース 社会

木造船漂流を初盛り込み 警察庁が「治安の回顧と展望」

Messenger
北海道松前町に漂着した「朝鮮人民軍380軍部隊」との表記がある木造船=18日(同町提供)
北海道松前町に漂着した「朝鮮人民軍380軍部隊」との表記がある木造船=18日(同町提供)

 警察庁は20日、内外の治安情勢や背景を分析した平成30年版「治安の回顧と展望」を公表した。北朝鮮のものとみられる木造船が日本の沿岸部などに相次いで漂流・漂着していることを外事事案とみて初めて項目を立て、「沿岸地域のパトロール等の諸対策を徹底していく」とした。

 在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)については、本国の経済立て直しにメドがつかない中、許宗萬(ホジョンマン)議長が5月の全体大会で北朝鮮の経済建設に積極的な貢献を行うとした点に着目、朝鮮総連が今後もこうした方針に従った動きをみせるとして動向を注視する。

 また、安全保障に関する情報入手の活発化で懸念が広がる中国にからんでは今年、米国で中央情報局(CIA)や国防情報局(DIA)の元職員が中国側に情報を提供したとして相次いで逮捕された例や、情報機関の中国国家安全部幹部が航空宇宙関連の情報を盗み取ろうとしたとして訴追された事件に着目した。

 日本においても中国が先端技術企業などに技術者や研究者を派遣するなどして「巧妙かつ多様な手段で各種情報収集活動を行っている」と断定し、政財官学などの関係者に積極的に協力を働きかけるなどの工作を行っているとした。

 一方、日露関係については両国首脳が平和条約交渉を加速させることで合意したが、ロシアは今後も「硬軟織り交ぜた対応を行う」との見方を示した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ