PR

ニュース 社会

積水ハウス地面師事件 主犯格の男を比で身柄拘束

Messenger

 捜査2課は計画立案役の内田マイク容疑者(65)=偽造有印私文書行使などの容疑で逮捕、詐取金分配役の土井淑雄(よしお)容疑者(63)=同、カミンスカス容疑者の3人が主犯格として「全容解明のキーパーソン」(捜査関係者)と位置づけていた。だが、カミンスカス容疑者は強制捜査直前の10月13日、フィリピンに出国。移送後に取り調べを本格化して、背後関係などの解明を進める。

 積水ハウスは昨年、地面師グループから品川区西五反田の旅館跡地(約2千平方メートル)の架空の土地取引を持ちかけられ、同6月までに約63億円を支払った。グループにマンションを販売する別の契約も結び、約7億5千万円を預かっていたため、回収できなかった被害金は約55億5千万円に上った。

 同課はこれまでに16人を逮捕し、このうち羽毛田被告ら4人が詐欺などの罪で起訴されている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ