PR

ニュース 社会

「はれのひ」被告に実刑判決 詐欺罪で横浜地裁

Messenger
篠崎洋一郎被告(川口良介撮影)
篠崎洋一郎被告(川口良介撮影)

 成人の日に晴れ着トラブルを起こした振り袖販売・レンタル業「はれのひ」(破産)が、粉飾した決算書類で銀行から融資金計約6500万円をだまし取ったとして、詐欺罪に問われた同社元社長、篠崎洋一郎被告(56)の判決公判が19日、横浜地裁で開かれ、渡辺英敬裁判長は懲役2年6月(求刑懲役5年)の実刑判決を言い渡した。

 渡辺裁判長は判決理由で、篠崎被告が、同社が債務超過に陥り融資金の返済が困難であると認識していたにもかかわらず、財務状況が良好であると粉飾した決算書類を金融機関に提出したと指摘した上で「経営者が守るべき姿勢を大きく踏み越えた」と指弾。また「被害額が多額で大半が返済されていない。被害回復の見込みもなく結果は相応に重い」として、実刑判決が相当と判断した。

 一方、量刑については「事実関係を認め謝罪している」として、2年6月に留めた。弁護側は執行猶予付きの判決を求めていた。

 同社をめぐっては、今年1月8日の成人の日を前に突然営業を取りやめ、横浜市などで新成人約2千人が晴れ着を着られなくなる騒動を引き起こした。このトラブルは立件されていない。負債総額約10億8500万円のうち、新成人の被害は約3億4500万円に上る。

 判決によると、篠崎被告は平成28年9月、返済する意思がないのに、虚偽の決算書を示すなどして2つの銀行から計約6500万円をだまし取ったとしている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ