PR

ニュース 社会

王将射殺事件5年で黙祷 現場で京都府警幹部

Messenger
王将社長射殺事件の発生現場に献花する捜査関係者ら=19日午前、京都市山科区の王将フードサービス本社(永田直也撮影)
王将社長射殺事件の発生現場に献花する捜査関係者ら=19日午前、京都市山科区の王将フードサービス本社(永田直也撮影)

 「餃子の王将」を展開する王将フードサービス(京都市山科区)の社長だった大東隆行さん=当時(72)=が射殺された事件は19日で発生から5年を迎え、現場となった本社前の駐車場で、京都府警の垣内伸吾刑事部長ら幹部が黙祷(もくとう)した。

 事件は平成25(2013)年12月19日午前5時45分ごろ発生。車で出勤した大東さんが拳銃で撃たれ死亡した。現場に残されたたばこの吸い殻からは、福岡県内に拠点を置く暴力団組員のものと一致するDNA型が検出されたが、事件との直接の関わりは不明のままだ。

 府警山科署捜査本部は現在91人態勢。これまで関係者延べ約1900人から話を聞き、約610件の情報提供があったが、捜査は長期化している。

 大東さんの長男、剛志さん(44)は府警を通じて「5年が経過した今だからこそ言えることがあれば、積極的な情報提供をお願いしたい」とのコメントを出した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ