PR

ニュース 社会

辺野古埋め立て土砂搬出の桟橋でダンプ損壊

Messenger
辺野古埋め立て用土砂の搬出で使われている桟橋近くで、重機の損傷が見つかった現場を調べる警察官ら=18日午前、沖縄県名護市安和
辺野古埋め立て用土砂の搬出で使われている桟橋近くで、重機の損傷が見つかった現場を調べる警察官ら=18日午前、沖縄県名護市安和

 沖縄防衛局は18日、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾=ぎのわん=市)の移設先となる名護市辺野古の埋め立て用土砂を搬出する琉球セメントの桟橋(名護市)敷地内で、ダンプカーのカギ穴が接着剤で埋められて損壊されたと発表した。埋め立て現場近くの米軍基地内などでも同様の被害があり、沖縄県警名護署は器物損壊か威力業務妨害の容疑で捜査している。

 沖縄防衛局や名護署によると、18日午前7時ごろ、警備員が壊されている状態のダンプカーを発見し、県警に通報した。桟橋近くの採石場(名護市、本部=もとぶ=町)でもダンプカーなど重機複数台が同様の被害に遭っていることが確認された。このほか、14日にも米軍キャンプ・シュワブ(名護市)敷地内で重機3台の鍵穴が壊されたり、燃料タンクに異物が混入されているのが発見された。

 また、13日早朝には埋め立て現場海域に設置されたフロート数カ所が何者かによって切断されていた。

 沖縄防衛局は18日、コメントを発表し、「このような犯罪行為が行われたことは、法治国家であるわが国で到底許される行為ではない」と非難した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ