PR

ニュース 社会

民間業者が「給水停止」を通知 岩手・雫石町

Messenger

 岩手県雫石(しずくいし)町のペンションや別荘が立ち並ぶ「岩手高原ペンション村」で、水道を管理する業者が経営悪化などを理由に住民側に料金を追加請求し、応じない場合は給水を停止すると通知していることが17日、分かった。住民側と物別れのまま業者が同日に設定した支払期限を迎えた。今月には、自治体の水道事業の運営権を民間企業に委託することを促進する改正水道法が国会で成立している。

 問題の業者は仙台市の「イーテックジャパン」で、35軒程度に給水。別の企業が1970年代にペンション村を開発し、町の水道事業の区域外となっている。町や住民によると、同社は井戸水をくみ上げるポンプの電気代約50万円(9~10月分)を東北電力に滞納していると説明。1世帯あたり約1万5千円の追加負担を求めてきた。イー社は「取材には応じない」としている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ