PR

ニュース 社会

ブランコ座板にくぎ21本 兵庫・加古川、悪質ないたずらか

Messenger

 兵庫県加古川市平岡町一色西の「大溝川公園」で、遊具のブランコの座板にくぎ21本が刺さっていたことが17日、兵庫県警加古川署への取材で分かった。けが人は確認されていない。同署は悪質ないたずらの可能性もあるとして、器物損壊の疑いで捜査している。

 同署によると、16日午前10時半ごろ、公園にあるブランコ4台のうち、1台の木製の座板の上面に長さ約4センチのくぎが深さ約1センチまで打ち付けられているのを近くの30代女性が発見。署員が確認したところ、座板には計21本が刺さっており、周辺からも約30本のくぎやケースが散乱しているのが見つかったという。

 近くの男性から同日、「自宅に止めていた車からくぎが盗まれた」との通報があり、同署が関連を調べている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ