PR

ニュース 社会

松江市沖に無人木造船 船首にハングル、北朝鮮からか

Messenger

 境海上保安部(鳥取県境港市)は16日、松江市美保関町美保関の沖約900メートルで漂流しているのが見つかった木造船の船首に、ハングルが書かれていたと発表した。北朝鮮の船とみて調べている。

 保安部によると、船は長さ6・6メートル、幅1・8メートル。15日午後3時半ごろ、船で釣りをしていた男性が、一部が沈んだ状態の木造船を見つけ118番した。無人で、船内には発泡スチロール製の浮きが1個あった。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ