PR

ニュース 社会

飲酒事故を物損処理 犯人隠避容疑で2警察官を書類送検 警視庁

Messenger

 東京都西東京市内で起きた飲酒運転による電柱への衝突事故で、呼気検査を実施せず物損事故として処理したとして、警視庁は14日、いずれも田無署地域課の男性警部補(47)と男性巡査部長(41)を犯人隠避の疑いで書類送検し、減給の懲戒処分にした。

 警視庁によると、2人は運転手の男性と面識はなく、「男性から酒のにおいはしたが業務負担を増やしたくなかった」などと供述。2人は当時、当直勤務中で、この事故が7件目の取り扱いだった。

 書類送検容疑は、3月28日午前3時ごろ、西東京市内の市道で、男性が乗用車で電柱に衝突する事故を起こした際、呼気検査など飲酒検知に関する捜査を怠ったとしている。

 保険会社からの照会に対し、当時、現場にいた別の署員らが「警部補らが『単なる物損事故として処理をする』と話していた」などと説明して発覚した。

 警視庁の土屋暁胤(あきつぐ)警務部参事官は「業務管理を徹底し、再発防止に努める」とコメントした。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ