PR

ニュース 社会

29日以降、寮の出入りなし 女性専門学校生遺体遺棄事件

Messenger
送検のため警視庁練馬署を出る熊沢義信容疑者=11日正午ごろ
送検のため警視庁練馬署を出る熊沢義信容疑者=11日正午ごろ

 東京都練馬区の専門学校生、谷口夏希さん(20)の遺体を遺棄したとして、死体遺棄の疑いで無職熊沢義信容疑者(27)が警視庁に逮捕された事件で、谷口さんが11月29日以降、自宅の寮を出入りする姿が確認されていないことが12日、捜査関係者への取材で分かった。

 捜査関係者によると、寮の出入りがあったのは28日が最後だった。翌29日以降は学校や家族も連絡がつかなくなり、金融機関の口座からは残高のほぼ全額に当たる約6万円が引き出された。12月3日未明には熊沢容疑者が布団にくるんだ荷物を寮から台車で運び出す姿が防犯カメラに写っていた。

 検視の結果、死後約1週間が経過していたとみられる。熊沢容疑者は殺害をほのめかす供述をしており、警視庁捜査1課が死亡に至った詳しい状況を調べている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ