PR

ニュース 社会

積水ハウス被害の地面師事件 主犯格ら2人を再逮捕

Messenger
地面師グループ主犯格の内田マイク容疑者(左)と土井淑雄容疑者
地面師グループ主犯格の内田マイク容疑者(左)と土井淑雄容疑者

 住宅大手の積水ハウス(大阪市)が架空の不動産取引で地面師グループに約63億円をだまし取られた事件で、警視庁捜査2課は11日、偽造有印私文書行使と電磁的公正証書原本不実記録・同供用の疑いで、地面師グループの会社員、内田マイク容疑者(65)=東京都品川区=と会社役員、土井淑(よし)雄(お)容疑者(63)=中央区=を再逮捕した。

 再逮捕容疑は昨年4月下旬、品川区西五反田の旅館跡地(約2千平方メートル)をめぐり、所有者の名義を変更するため、法務局に偽造した委任状などを提出し、虚偽の仮登記を申請したとしている。いずれも容疑を否認しているという。

 捜査関係者によると、内田容疑者が事件計画を立案し、主犯格の土井容疑者が中心となって犯行に及んだとみられる。土井容疑者は、積水ハウスからの詐取金を仲間に分配する役回りも担っていたとされる。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ