PR

ニュース 社会

容疑者からの預かり金盗む 容疑の警視庁巡査長を書類送検

Messenger

 警察署に勾留中の容疑者から預かっていた現金を盗んだとして、警視庁は7日、窃盗容疑で、滝野川署警務課留置係の男性巡査長(31)を東京地検に書類送検し、懲戒免職処分にした。監督責任を問い、当時同課の上司だった男性警部(54)ら3人も警務部長訓戒や所属長注意などの処分にした。

 書類送検容疑は、8月8日午後、同署1階事務室の金庫で保管していた容疑者からの預かり金数十万円のうち、10万円を盗んだとしている。

 巡査長は、容疑者の弁当代などの費用を預かり金から補充する際、10万円を余分に抜き取っていた。署が8月15日に預かり金の一斉点検を行った際、残高と帳簿の記録が合わず、内部調査を行って発覚した。

 巡査長は調べに、「お盆の親族の集まりでお金が必要だった。給料日になったら戻そうと思っていた」などと説明しているという。

 警視庁の土屋暁胤警務部参事官は「警察への信頼を損なう言語道断の行為。今後、再発防止に努める」とコメントした。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ