PR

ニュース 社会

金沢医科大で不適切入試か 岩手医科大も 文科省調査で指摘

Messenger
石川県内灘町の金沢医科大=7日
石川県内灘町の金沢医科大=7日

 医学部入試をめぐる文部科学省の緊急調査で、金沢医科大(石川県内灘町)が不適切な点があると指摘されていることが7日、関係者への取材で分かった。神田享勉学長らが8日に同医科大で記者会見、経緯について説明する。

 同医科大によると、医学部では平成30年度、一般入試のほか特別推薦入試(AO入試)などを行った。AO入試の募集定員は27人で、出願要件を「卒業後、金沢医科大学病院または同大氷見市民病院で臨床研修(5年)を行う意志の強固な方」とし、英語や数学などのテストと個人面接を実施。448人が受験、現役6人と浪人21人が合格した。

 一方、岩手医科大は7日、文科省による調査で指摘事項があったと明らかにした。不適切との指摘とみられ、8日の記者会見で詳しい内容などを説明するとしている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ