PR

ニュース 社会

同乗女性「罪償って」涙声で訴え 東名あおり公判で証人尋問

Messenger
石橋和歩被告
石橋和歩被告

 神奈川県大井町の東名高速道路で昨年6月、あおり運転を受けて停車させられた夫婦が別のトラックに追突され死亡した事故で、自動車運転処罰法違反(危険運転致死傷)などの罪に問われた建設作業員、石橋和歩(かずほ)被告(26)に対する裁判員裁判の第5回公判が7日、横浜地裁(深沢茂之裁判長)で開かれた。

 この日は証人尋問が行われ、石橋被告の元交際相手で車に同乗していた女性が「罪をちゃんと償ってほしい。二度とこんなことはしないでほしい」と涙声で被告に訴えた。

 事故現場直前のパーキングエリアで、亡くなった静岡市の萩山嘉久さん=当時(45)=から「邪魔だ」と注意された際、石橋被告が「怒ると思ったか」と弁護側から問われ、女性は「はい」と答えた。

 石橋被告が萩山さん一家のワゴン車を停車させ、萩山さんに文句を言っていたときの状況について「『やめとき、危ないけん』と言ったが(石橋被告が)反応しなかった」と振り返った。

 また事故後に、子供から両親を奪ったことを反省する話を、石橋被告の間で交わしたとも証言した。

 一方、事故から2カ月後の昨年8月、山口市内で萩山さん一家と同じタイプの車にもあおり運転をして、運転手の男性に車から降りるように求めとされる強要未遂事件について、その際にも同乗していた女性は「東名の車と同じやったんで怖かった」と話した。

 証言台の周りにはついたてが置かれ、石橋被告は女性から見えない位置に座っていたが、質問の最後に弁護人から促されて女性から見える位置に座った。

 「何か石橋被告に言いたいことは」と問われた女性がしばらく沈黙した後、罪を償うように促したところ、石橋被告は唇を震わせてタオルハンカチで涙を拭った。

 起訴状によると、石橋被告は昨年6月5日夜、事故現場直前のパーキングエリアで、萩山さんから駐車方法を注意され逆上。萩山さん一家のワゴン車に妨害行為を繰り返して追い越し車線上で停止させ、大型トラックによる追突で、萩山さんと妻の友香さん=当時(39)=を死亡させ、同乗の娘2人にけがをさせたとしている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ