PR

ニュース 社会

浜松女性看護師遺棄、初公判で43歳男 起訴内容認める

Messenger

 静岡県藤枝市の山中で6月、看護師の内山茉由子(まゆこ)さん=当時(29)=の遺体が見つかった事件で、内山さんを連れ去り監禁したとして、営利目的略取や死体遺棄など4つの罪に問われた名古屋市天白区の鈴木充被告(43)の初公判が6日、静岡地裁浜松支部(山田直之裁判長)で開かれた。鈴木被告は「間違いありません」と起訴内容を認めた。

 起訴状などによると、鈴木被告は住所不定で無職の伊藤基樹(もとき)被告(28)や主導役とされる男=当時(39)、自殺=と共謀し、5月26日午後6時20分ごろ、浜松市内のフィットネスクラブ駐車場で内山さんを車ごと拉致し、同日午後9時10分ごろまでの間、腕を結束バンドで縛るなどして監禁。さらに翌27日ごろに男と共に藤枝市内の山中に内山さんの遺体を埋めたとされる。

 遺体は6月9日、藤枝市の山林の土中から見つかった。伊藤、鈴木被告は殺人容疑で再逮捕されたが、静岡地検が不起訴処分とした。男は、新潟市内で自殺しているのが見つかり、殺人容疑などで書類送検された後、不起訴処分となった。

 営利目的略取と逮捕監禁の罪に問われた伊藤被告の公判で検察側は懲役7年を求刑し、結審している。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ