PR

ニュース 社会

岐阜県警巡査長の「略式不相当」 公用車で速度違反、正式な裁判に

Messenger

 勤務中に法定速度を超えるスピードで公用車を運転したとして、岐阜区検が5日までに、道交法違反(速度超過)の罪で県警岐阜北署の女性巡査長(24)を略式起訴し、岐阜簡裁が「略式不相当」と判断したことが簡裁などへの取材で分かった。今後、正式な裁判が開かれる。簡裁の判断は11月29日付。

 起訴状によると、巡査長は7月6日午後0時15分ごろ、岐阜市の県道で、法定速度を約52キロ上回る時速約112キロで走行したとされる。

 県警によると、巡査長は走行中に物損事故を起こし、スピード違反が発覚した。10月1日付で所属長訓戒とし、同法違反の疑いで書類送検、岐阜区検が11月20日に略式起訴した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ