PR

ニュース 社会

元日産社員、有罪確定へ 企業秘密取得、最高裁

Messenger

 最高裁第2小法廷(山本庸幸裁判長)は、日産自動車のサーバーに接続して企業秘密を不正に取得したとして、不正競争防止法違反(営業秘密領得)の罪に問われた元社員、岡村賢一被告(41)=神奈川県厚木市=の上告を棄却する決定をした。3日付。懲役1年、執行猶予3年とした1、2審判決が確定する。

 判決によると、別の自動車メーカーに転職前の平成25年7月、自宅や日産の関連施設で、新型車の企画情報などのファイルデータを複製した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ