PR

ニュース 社会

睡眠剤混入殺人事件 准看護師の被告が控訴

Messenger

 千葉県印西市の老人ホームで、同僚らの飲み物に睡眠導入剤を混ぜて男女6人を死傷させたとして、殺人や殺人未遂などの罪に問われた波田野愛子被告(72)は5日、懲役24年を言い渡した千葉地裁の裁判員裁判判決を不服として東京高裁に控訴した。

 弁護側は殺意を否認していたが、判決は「未必の殺意が成立する」とした。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ