PR

ニュース 社会

あおり運転「死傷事故発生、大きな問題」 菅義偉官房長官

Messenger
会見に臨む菅義偉官房長官=5日午前、首相官邸(春名中撮影)
会見に臨む菅義偉官房長官=5日午前、首相官邸(春名中撮影)

 菅義偉官房長官は5日の記者会見で、あおり運転による事故が相次ぎ社会問題化していることについて「一般ドライバーに事故の危険性を生じさせるような悪質、危険な運転で、実際に死傷事故も発生するなど大きな問題だ」との認識を示した。

 その上で「警察を中心に厳正な取り締まり、運転免許の停止や取り消しなど迅速な行政処分の実施、交通安全教育の充実などの諸対策に取り組んでいる」と強調。「引き続きこのような対策を効果的に推進し、悪質な危険運転の抑止に努める」と語った。

 あおり運転による事故は多発している。昨年6月には神奈川県大井町の東名高速道路であおり運転を受け無理やり停車させられた夫婦が別のトラックに追突され死亡した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ