PR

ニュース 社会

あおり事故、被告謝罪 注意され「カチンときた」

Messenger
石橋和歩被告
石橋和歩被告

 神奈川県大井町の東名高速道路で昨年6月、あおり運転を受けて停車させられた夫婦が追突され死亡した事故で、自動車運転処罰法違反(危険運転致死傷)などの罪に問われた建設作業員、石橋和歩(かずほ)被告(26)に対する裁判員裁判の第3回公判が5日、横浜地裁(深沢茂之裁判長)で開かれた。初めての被告人質問が行われ、石橋被告は「こういう事件を起こして申し訳ないことをした。本当にすみませんでした」と謝罪した。

 石橋被告は弁護側からの質問で、車を現場直前のパーキングエリア内の通路に止め、たばこを吸っていたところ、直後の追突事故で死亡した萩山嘉久(はぎやま・よしひさ)さん=当時(45)=に「邪魔だ」と注意されたことから「カチンときて文句を言おうと追いかけた」と経緯を振り返った。一家の車を追いかけ始めた直後にパッシングした目的を問われると、「止まれっちゅうことです」と説明した。

 道路上に萩山さんの車を止めさせた際、追突されると思わなかったかを尋ねられると「その時は思わなかった」。降車後、嘉久さんの胸ぐら付近をつかみながら車外に引っ張った行為については「そのときの勢いでつかんだ」と話した。

 自身の車に同乗していた女性から、「子供がおるけんやめとき」とたしなめられたため暴行をやめたとし、「子供を巻き込んだら悪いと思った。(子供がいると)知っていたらやらなかったです」などと述べ、約45秒間目元をハンカチで押さえた。

 続いて行われた検察側からの質問では、「高速道路で車を停車させることは危険な行為だと思うか」と問われ、「今は思います」と回答。「(被害者側に)落ち度はあったか」と尋ねられると、「今、考えたらないと思う」とした。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ