PR

ニュース 社会

無理な幅寄せや割り込みで大型トラックを停める 運送業の男を暴行容疑で書類送検

Messenger

 東北自動車道で執拗(しつよう)に割り込みや幅寄せをして大型トラックを停止させたとして、栃木県警は3日、暴行の疑いで、仙台市の運送業の男(43)を宇都宮地検に書類送検した。県警高速隊によると、男は容疑を認めている。

 書類送検容疑は、7月31日午後7時15分ごろ、栃木県那須塩原市の東北道下り線の追い越し車線を乗用車で走行中、左から進路変更してきた宮城県大崎市のトラック運転手の男性(44)が運転する大型トラックが衝突したと思い込んで腹を立て、数回にわたり無理な幅寄せや割り込みをして進路をふさぎ、道路上に停止させたとしている。

 県警は、執拗に割り込みや幅寄せをして大型トラックを停止させた行為が暴行に当たると判断、同容疑で摘発した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ