PR

ニュース 社会

元「モー娘。」吉沢ひとみ被告に執行猶予付きの有罪判決

Messenger
判決を聞く吉沢ひとみ被告(イラストと構成・勝山展年)
判決を聞く吉沢ひとみ被告(イラストと構成・勝山展年)

 酒を飲んで車を運転し、ひき逃げをしたとして、自動車運転処罰法違反(過失傷害)と道交法違反(ひき逃げ、酒気帯び運転)の罪に問われた「モーニング娘。」元メンバー、吉沢ひとみ被告(33)の判決公判が30日、東京地裁で開かれた。佐藤卓生裁判官は懲役2年、執行猶予5年(求刑懲役2年)を言い渡した。

 佐藤裁判官は判決理由で「吉沢被告の呼気からは他の事案と比べても高濃度の(アルコールの)値が検出されている。同種の犯罪と比べても態様が悪質」と指摘。反省の態度を示していることなどを考慮し執行猶予としたが、「さらに反省を深める時間を求めることが必要」として、期間は最も長い5年と判断した。

 29日の初公判で吉沢被告は「(間違いは)ありません」と起訴内容を認め、被告人質問で「社会人として考えが甘かった。被害者の方に申し訳なく思っています」と涙ぐんで謝罪していた。

 判決によると、吉沢被告は9月6日午前7時ごろ、東京都中野区東中野の路上で、酒気帯び状態で車を運転し、赤信号を無視して横断歩道に進入。自転車で横断中の女性と歩行者の男性をはねるなどして2人に5日から10日のけがを負わせた上、そのまま逃走した。

 吉沢被告は事故の約15分後に自ら110番通報し、現場に戻ってきた。

 吉沢被告は平成12年に「モーニング娘。」のメンバーとしてデビューし、「よっすぃー」の愛称でファンに親しまれた。19年の「卒業」後はタレントとして活動していたが、事件後に芸能界から引退した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ